コーヒー

食育
食育.net食育と飲料>ココア

コーヒーの特徴

コーヒーといえば、食後やリラックスタイムなどに欠かせない飲料の一つです。愛好家の方も多いですよね。その一方でコーヒーというと「カフェイン」に対してマイナスのイメージも大きく、あまり飲み過ぎない方がいいという考えもあるようです。

確かに飲み過ぎは良くありませんが、適量であればカフェインはプラスに働きます。また、クロロゲン酸のようにダイエット効果なども期待できる成分も多く含まれます。

スポンサードリンク

コーヒーの効果・効能

コーヒーは嗜好品としてたしなまれることが多いです。
過剰でなければ健康被害を気にする必要はありません。

まず、コーヒーにおいてたんぱく質や脂質などの成分はごくわずかです。砂糖をいれないブラックコーヒーならカロリーはほとんどありません。

カフェインには脂肪燃焼をサポートする働きがあるので、運動と組み合わせることでダイエット効果をアップさせることができます。

また、カフェインは肝臓や腎臓の働きを活発化さえることで二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを分解することをサポートすると言われており、二日酔い改善にも効果的といえます。

過剰摂取は危険
コーヒーの過剰摂取で注意しなければいけないのはカフェインの過剰摂取です。1日の適正量はコーヒー3杯程度といわれており、これを毎日のように超えて飲むことはお勧めされません。

妊婦さんはコーヒー(カフェイン)は避けましょう
妊婦さんに関してはコーヒーはNGと思っておきましょう。カフェインによる影響を受けやすくなっています。妊婦さんにおすすめのお茶としては「ルイボス(ハーブマガジン)」のようなノンカフェインタイプのお茶を選ぶようにすると良いでしょう。
また、妊婦さんの食生活に関しては「妊婦・妊娠中の食事ガイド」などももぜひ参考にしてみてください。

 

コーヒー料理・レシピのポイント

ブラックコーヒー、アイリッシュコーヒー、アメリカンコーヒー、カフェロワイヤルなどコーヒーには様々な入れ方があります。
コーヒーの飲み方については「コーヒーのレシピ」なども参考に色々なレシピを試してみてください。

スポンサードリンク
食育と飲み物

紅茶
ココア
牛乳
緑茶

食育オススメサービス
らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやは有機野菜や無添加食品の会員制宅配サービスです。今なら有機野菜や無添加食品が最大7000円分プレゼントされます。

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。