栄養の基礎

食育
食育.net>栄養の基礎

栄養について

人間が生きていくうえでは、40-50種類の栄養素が必要とされています。特に栄養素のうち「タンパク質」「糖質」「脂質」は体を作る材料(3大栄養素)、そしてそれらの働きを助ける「ビタミン」「ミネラル」(5大栄養素)があります。

スポンサードリンク

栄養素の基礎知識

まずは、私たちが必要としている栄養素について代表的な5大栄養素を軸にかんがえていきましょう。

タンパク質

約20種類のアミノ酸から構成されている栄養素のこと。筋肉、臓器、血液、血管などの体を構築する成分となったり、体の働きにおいて重要な化学反応をおこす酵素の成分となります。
参考:タンパク質・アミノ酸

 

脂質

主に、体を動かすエネルギー源となる栄養素。少量の摂取でもたくさんのエネルギーを作り出すことができます。また、細胞膜や血液、ホルモンなどの材料にもなります。
参考:脂質・脂肪酸

 

糖質

主にエネルギー源として利用され、特に脳にとっては唯一のエネルギー源にあたります。脂質よりもエネルギー効率は悪いですが、即効性があります。
参考:糖質

 

ビタミン

特に3大栄養素のタイhさをスムーズにするはたらきがある栄養素。ビタミンのほとんどは体内で合成ができないことから、食品を通じて摂取する必要があります。ビタミンは現在13種類があるとされています。
参考:ビタミン

 

ミネラル

ビタミンと共に、3台栄養素の働きを助けて、体の機能維持や調節を行う栄養素です。カルシウムや鉄分などが代表的です。
参考:ミネラル

 

 

スポンサードリンク
食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

食育.netについて

食育ドットネットの運営情報やリンクポリシーなどは、こちらからご確認ください。
>>食育.netについて

食育.net内における各栄養素の摂取基準は厚生労働省発表の「日本人の食事摂取基準」を基に作成しております。

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。