チーズ

食育
食育.net食育と肉・卵・乳製品>チーズ

チーズの特徴

チーズとは、牛や羊の乳を乳酸菌で発酵させて、レンナットという酵素を混ぜて凝固させ、熟成させたものです。酵素が生きているものをナチュラルチーズ、加熱処理し保存性を高めたものをプロセスチーズといいます。

スポンサードリンク

チーズの効果・効能

一般的に「チーズ」は牛乳200mlが20gになり、牛乳の栄養素の70-90%がチーズに移行しているとされています。つまり、少量でも非常に豊富な栄養成分を摂取する事ができる健康食品といえます。

チーズのタンパク質はその消化のよさが抜群で、さらに他のビタミンやミネラルといった栄養成分とも結合し吸収を促進するという効果があります。他にもミネラルの含有バランスがすばらしくカルシウムとリンの割合が理想とされる1対1にほぼなっているなど栄養バランスがよい食品です。

 

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

ナチュラルチーズは乳酸菌が生きている為整腸作用があるとされており、チーズ本来の風味を楽しむ事ができますが、日持ちしにくいという特徴があります。
対して、プロセスチーズは味にクセがなく保存性が高いという特徴がありますが、乳酸菌などが死滅している為、腸内環境の正常化作用などが期待しにくくなっています。

非常に健康にもよい食材ですが妊婦さんはプロセスチーズを除き控えるべきであると言われています。ナチュラルチーズにはリステリア菌という細菌がいます。普通の方は問題ないのですが、妊婦さんは感染しやすいため注意が必要です。
参考:妊婦が注意したい「リステリア菌」とその予防

どうしてもチーズが食べたいのでしたら「加熱調理したもの」を食べるようにしてください。

 

チーズの主な効用

 

チーズ料理・レシピのポイント

チーズはおよそ300種類以上の種類があるとされており、それぞれで栄養価なども異なります。具体的なチーズの種類については「世界のチーズの種類と特徴」をご覧ください。

一日に必要な乳製品という考え方の下では、一日に1片〜2片ほどで必要な栄養成分を摂取できますので積極的にチーズを摂取しましょう。

また、チーズはワインと合うとされていますが、ワインに含まれているポリフェノール(アントシアニン)との協働効果もバッチリです。

スポンサードリンク
食育と肉・チーズ・乳製品

牛肉
鶏肉
豚肉

チーズ
レバー

食育オススメサービス
らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやは有機野菜や無添加食品の会員制宅配サービスです。今なら有機野菜や無添加食品が最大7000円分プレゼントされます。

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。