ほうれん草

食育
食育.net食育と野菜>ほうれん草

ほうれん草の特徴

ほうれん草は、緑黄色野菜の中でも非常に多くの栄養素をバランスよく含んでいる野菜の一つです。特にβカロテンや鉄分などが非常に豊富に含有されています。

スポンサードリンク

ほうれん草の効果・効能

ほうれん草の代表的栄養素はビタミンA(βカロテン)と鉄分です。特にβカロテンはほうれん草100gで一日に必要な分全てをカバーできるほどの栄養分をもっています、また、ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化作用を持つビタミンも豊富で活性酸素を除去しガンなどの病気予防に効果があります。

また、鉄分も豊富なだけでなく鉄分の吸収を促進するビタミンCと造血を助ける葉酸も豊富に含まれているので貧血症の方には相当適した野菜です。

このほか、カリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルも豊富で滋養強壮効果も非常に高いとされています。また、通常のほうれん草は「シュウ酸」というえぐみ成分があり生では食べられませんでしたが、近年ではシュウ酸を少なくした生で食べられるほうれん草もあります。

 

ほうれん草に含まれる主な栄養成分

カリウム
690mg
※左記の栄養成分については、ほうれん草の可食部100gあたりの栄養成分。「五訂 日本食品標準成分表」の基づいて作成しております。
ビタミンC
35mg
βカロテン(ビタミンA)
4200μg
ビタミンE
2.1mg
カルシウム
49mg
鉄分
2.0mg

 

ほうれん草の主な効用

 

ほうれん草料理・レシピのポイント

ほうれん草は加熱しすぎると、味も色も悪くなるので調理のときは短時間、強火で仕上げましょう。また、油を使った炒め物にする事でビタミンCの欠損を少なくする事ができます。

 

ほうれん草の選び方

スーパーなどで「ほうれん草」を選ぶときのポイントを解説します。

  • 葉先までピンとしているもの
  • 葉が厚くハリがあるもの

 

ほうれん草に関するショッピングリンク

通販商品検索(ほうれん草)

 

スポンサードリンク
食育と野菜

あしたば
アスパラガス
うど
オクラ
かぶ
かぼちゃ
カリフラワー
キャベツ
きゅうり
グリーンピース
クレソン
ごぼう
ゴーヤー(にがうり)
小松菜
サツマイモ
さやいんげん
しそ
じゃがいも
生姜
セロリ
大根
たけのこ
たまねぎ
トマト
なす
ニラ
にんじん
にんにく
ねぎ
白菜
パセリ
ピーマン
ブロッコリー
ほうれん草
もやし
山芋

食育オススメサービス
らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやは有機野菜や無添加食品の会員制宅配サービスです。今なら有機野菜や無添加食品が最大7000円分プレゼントされます。

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。