いわし

食育
食育.net食育と魚介・海藻>いわし

いわしの特徴

いわし(鰯)は、不飽和脂肪酸で記憶力アップなどに効果があるというDHAやEPAを豊富に含有しています。また、カルシウムおよびビタミンDも含まれているので、いわしのカルシウムは非常に吸収率が高い事でも知られています。

スポンサーリンク

いわしの効果・効能

いわしのタンパク質は分解の過程でペプチドに変化し、血圧を変化させるホルモンの働きを阻害。同様に含まれている「タウリン」という旨み成分との相乗により高血圧の予防や治療に効果があります。また、いわしに含まれているカルシウムには、同様に含有される「ビタミンD」との相乗によりカルシウムの吸収率を高めてより効率的に吸収されるようになります。

さらに、いわしに含まれている「DHA」と「EPA」は血栓の予防効果、コレステロールの低下を促すばかりか、がんの予防、脳の神経伝達をサポートし、記憶力の向上といった嬉しい効能をもつ成分です。

そのほか、いわしにはマグネシウムなどのミネラル分、老化防止効果のあるビタミンA、発育を促進するビタミンB2、エネルギー代謝を促進するナイアシンなどのビタミン類も豊富に含有され、育ち盛りの子供には欠かせない食品です。

 

いわしの主な効用

 

いわし料理・レシピのポイント

いわしの骨に含まれているカルシウムは積極的に活用したいところです。骨までやわらかく調理して食べやすいように工夫しましょう。梅干で煮たり、南蛮漬けにすると頭から尻尾まで食べる事ができます。
また、すり身にしてツミレにしてもよいでしょう。イワシの臭みが気になる方はツミレに「しそ」や「生姜」を混ぜると臭みが消えるばかりか栄養効果もアップ!

 

いわしの選び方

スーパーなどで「いわし」を選ぶときのポイントを解説します。

  • 目がはっきりとしているもの
  • 目に濁りがないもの
  • 体が張っており光沢があるもの
  • 腹がしっかりとしているもの

 

スポンサーリンク
食育と魚介・海藻類

あさり
あじ
イカ
いわし
えび
牡蠣
カツオ
寒天

さんま

海苔
ひじき
ホタテ
マグロ
わかめ

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養の基礎
食事バランスガイド

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2019 食育.net All rights reserved

食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。