マグロ

食育
食育.net食育と魚介・海藻>マグロ

マグロの特徴

日本人が大好きな魚である「マグロ」近年では、諸外国でもその消費が増えており、漁獲制限などが行われるようですが、DHAなどの健康成分も豊富に含む赤身魚です。

スポンサーリンク

マグロの効果・効能

マグロの大きな特徴は豊富なタンパク質です。赤身部分は25%ものタンパク質を含んでおり魚類の中では最大です。一方トロの部分には脂質が多く含まれており、脳の活性化やコレステロール減少に役立つDHAやEPAといった不飽和脂肪酸が多く含まれています(特にDHAが多く、マグロは魚類の中で第1位の含有量)

このほか、マグロには貧血に効果のある鉄分やカルシウムの吸収を促進する効果があるビタミンD、糖質をエネルギーと転換するビタミンB1などマグロの栄養価は非常に高い事が分かります。

マグロの主な効用

 

マグロ料理・レシピのポイント

ダイエットを考えるのであれば赤身を中心にしましょう。トロ部分は脂肪が多くトロ1切れで赤身3切れ分ほどのカロリーがあります。
また、マグロの刺身は部位により切り方を変えるようにしましょう。脂質の多いトロ部分は薄切りに、逆にさっぱりとしたマグロの赤身は厚切りにといった具合です。その他、マグロは刺身以外にもソテーや照り焼きなどにも合いますので、様々なレシピを試してみましょう。

 

マグロの選び方

スーパーなどで「マグロ」を選ぶときのポイントを解説します。

  • 全体的にツヤがあるもの(マグロの赤身部分)
  • 色に深みがあるものは鮮度が良い(マグロの赤身部分)
  • すじが並行に等間隔で入っているもの(マグロのトロ部分)
  • 半円状にすじがはいっているものは鮮度が悪い(マグロのトロ部分)

 

スポンサーリンク
食育と魚介・海藻類

あさり
あじ
イカ
いわし
えび
牡蠣
カツオ
寒天

さんま

海苔
ひじき
ホタテ
マグロ
わかめ

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

栄養の基礎
食事バランスガイド

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2019 食育.net All rights reserved

食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。